【ヴァレンティノ】ジル サンダー 2020-21年秋冬コレクション – ピュアな美しさの探求

greatkopi 

ヴァレンティノ

ジル サンダー(JIL SANDER)の2020-21年秋冬コレクションが、2020年2月19日(水)、イタリアミラノで発表された

削ぎ落されたピュアなエレガンス

ジル サンダー 2020-21年秋冬コレクション - ピュアな美しさの探求|写真1

ルーシー&ルークメイヤーが手掛けるジル サンダーは、いつも以上にミニマルなエレガンスを追求しているようだ色彩や柄を抑え、デコラティブな装飾をそぎ落としたピースたちは、彼らが就任以来探求し続けているフェミニティとマスキュリンの対比や、シルエットや素材へのこだわりをより一層際立たせている

ジル サンダー 2020-21年秋冬コレクション - ピュアな美しさの探求|写真22

端正な佇まいのロングコートは、男性的なテーラリングの要素を取り入れつつも、ウエストをマークすることで女性的な印象に彼らのシグネチャーと言ってもよいロングドレスは、上品な光沢を纏ったテキスタイルを贅沢に用い、胸下から裾まで細やかなプリーツを入れることで、モデルが歩くたびに空気を含む可憐なシルエットに仕上げている

素材の特性を生かしたシルエットづくり

ジル サンダー 2020-21年秋冬コレクション - ピュアな美しさの探求|写真35

これまでは構築的なアプローチで洋服のフォルムを作り出すことが多かった彼らだが、今季は素材の特性によって思い通りのシルエットを描き出すことも試みているビッグカラーのロングドレスは、適度なハリ感のあるテキスタイルをたっぷりと使い、ウエストにギャザーを入れることで裾にむかってボリュームを出したヴァレンティノ パーカ コピー足元に向かって流れるように広がっていくフレアワンピースには、かぎ編みニットを採用し、ふんわりと柔らかなラインを生み出している

袖を通す人がいて初めて輝く服

ジル サンダー 2020-21年秋冬コレクション - ピュアな美しさの探求|写真46

ルーシー&ルークメイヤーが追及しているシルエットとは、洋服に袖を通す人がいて初めて完成するものどんな人が纏ってもその人の美しさを引き立ててくれるものであり、それでいて心地よく着られるコンフォートなものだ今シーズンのショー演出は、そんな哲学を伝えるために人の“静と動”にフォーカスしたモデルたちはランウェイを歩き終えると順々に中央に設置された椅子に腰かけていく人が歩く時、立つ時、そして座った時…あらゆる姿勢であっても、美しく見えることをゲストに証明してみせた

フリンジや大ぶりジュエリーでアクセント

ジル サンダー 2020-21年秋冬コレクション - ピュアな美しさの探求|写真37

ピュアでミニマルな印象にアクセントを加えているのが、繊細なフリンジのアクセサリーや、貝殻やベルなどをモチーフにした大ぶりのメタリックジュエリーより一層エレガントになったイブニングドレスなどとマッチするようにと、レザーのクラッチバッグやハイヒールのスリングバッグシューズなども提案されている

ヴァレンティノ レディース コピー

Recommended Posts

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON) スーパーコピー半袖サインCrewneckをリリース – 永遠のスタイルと洗練されたデザインの融合

ルイヴィトン 偽物が、ファッション界に新たな息吹をもたらす最新作「半袖サインCrewneck」を世に送り出した。この半袖クルーネックは、季節を問わず着用できる永遠のアイテムとしてデザインされ、スタイリッシュなディテールが […]

greatkopi