グッチ

【グッチ】「フリンジVSスパンコール」ミラノ&パリコレ人気ブランドの18年秋冬特集

greatkopi 

グッチ

有名ファッションブランドが最新コレクションを発表するミラノ&パリのファッションウィーク“新しいトレンドが生まれる”ランウェイショーをキーワードに沿っておさらいグッチ ビジネスシューズ コピー

フリンジVSスパンコール

今季、一際目を引いたのがフリンジとスパンコールによる装飾ボリューム感を生むフリンジ、キラキラと輝くスパンコールグッチ ネックレス コピー個性の強いデコレーションの取り入れ方を人気ブランドの最新ルックからチェック

ボリュームを追い求める「フリンジ」

グッチ

グッチ 2018年秋冬コレクションよりグッチ 2018年秋冬コレクションより

アレッサンドロミケーレ率いるグッチ(GUCCI)共通項のないもの同士を融合させた折衷主義的クリエーションが得意なミケーレであるが、フリンジの取り入れた方もこの思考から生まれているベースとなったのは、ノーカラージャケットのスーツクラシックなピースのスカート部分と袖口をフリンジに変えて、アグレッシブなスタイルに変更カラーもメタリックカラーを取り入れて、刺激的な佇まいに

ドリス ヴァン ノッテン

ドリス ヴァン ノッテン 2018年秋冬コレクションよりドリス ヴァン ノッテン 2018年秋冬コレクションより

ドキュメンタリー映画『ドリスヴァンノッテン ファブリックと花を愛する男』も公開され、注目を集めるドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)もまた、今季フリンジを印象的に投じたシンプルなホワイトドレスの上で浮かび上がるグリーンのフリンジ左から右へ流れるように配して流動的な流れを作っているフリンジと色あわせをして、グリーンのイヤリングを合わせている、上級なコーディネートテクニックは必見

ヴァレンティノ

ヴァレンティノ 2018年秋冬コレクションよりヴァレンティノ 2018年秋冬コレクションより

インターシャやエンブロイダリーなどあらゆる手法で、可憐な花々を咲かせた今季のピエールパオロピッチョーリによるヴァレンティノ(VALENTINO)フラワーモチーフが溢れるコレクションの中で控えめに存在したのが総フリンジのドレスだ3段階にティアードされたフリンジは歩みに合わせて優雅に揺れ動くルネッサンス時代からインスピレーションを得たという桃色も控えめで可愛らしい

N°21

N°21 2018年秋冬コレクションよりN°21 2018年秋冬コレクションより

ミラノコレクションで最も数多くのフリンジを取り入れていたのは、おそらくN°21(ヌメロ ヴェントゥーノ)バッグの本体に、ストラップに、チャームに…“フリンジ祭り”さながらに様々な場面で取り入れていた中でも印象的なのはアームに沿って配されたフリンジカジュアルな印象の強いチェック柄シャツも、フリンジで重量感を持たせれば、舞台衣装さながらのドレスアップスタイルへとイメージチェンジする

キラキラと輝く「スパンコール」

バルマン

バルマン 2018-19年秋冬コレクションよりバルマン 2018-19年秋冬コレクションより

スパンコールが先陣をきってスタートした今季のバルマン(BALMAIN)ブランドの歴史を重んじながらも未来へ向かって大きく舵をきったオリヴィエルスタンが選んだのは、オーロラのように輝く大振りなスパンコールだったうろこのようにスパンコールを重ねて仕上げたトップスには、シースルーパンツやホログラム素材のコートをレイヤードパンチの効いた着こなしでフューチャリスティックな世界観を表現した

ドルチェ&ガッバーナ

ドルチェ&ガッバーナ 2018年秋冬コレクションよりドルチェ&ガッバーナ 2018年秋冬コレクションより

同じくスパンコールをふんだんに散りばめたドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)ドメニコドルチェとステファノガッバーナ両者が得意とする宗教画のエッセンスに、今季はモダンさを注入してルックを完成させたエレガントなロングドレスも全面にスパンコールをあしらうことで、パンチのあるピースにエンジェルと対を成しているのが、コミック風のポップロゴというユーモアあふれるモチーフ選びも注目だ

サンローラン

サンローラン 2018-19年秋冬コレクションよりサンローラン 2018-19年秋冬コレクションより

メゾンのコード黒、70年代のロシアンコレクションからのインスピレーション、そしてアンソニー ヴァカレロが得意とするボディコンシャスなドレス群と3部作で展開した、今季のサンローラン(Saint Laurent)フィナーレに向けて登場したのは総スパンコールのドレスたちだったフラワーがモチーフとなっているが、手作業で仕上げたというドレスは、一つひとつ花の咲き方が異なるのがポイントとなっている

マルニ

マルニ 2018-19年秋冬コレクションよりマルニ 2018-19年秋冬コレクションより

3シーズン目を迎えたフランチェスコリッソによるマルニ(MARNI)「重なり、切断し、つまむ」などテキスタイルの遊び方にフォーカスした今季のドレスは、パッチワークがキーワード胸元を大きく開けウエストシェイプしたフェミニンなシルエットの中に、キラキラと輝くスパンコールを忍ばせた袖口から伸びるアンフィニッシュな糸が、スパンコールが作る華やかな世界に素朴さを投じている

Recommended Posts

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON) スーパーコピー半袖サインCrewneckをリリース – 永遠のスタイルと洗練されたデザインの融合

ルイヴィトン 偽物が、ファッション界に新たな息吹をもたらす最新作「半袖サインCrewneck」を世に送り出した。この半袖クルーネックは、季節を問わず着用できる永遠のアイテムとしてデザインされ、スタイリッシュなディテールが […]

greatkopi