ウブロ

【ウブロ】マルセロ・ブロン カウンティ・オブ・ミラン 2019年春夏コレクション – “未知と既知”との遭遇

greatkopi 

ウブロ

マルセロブロン カウンティオブミラン(MARCELO BURLON COUNTY OF MILAN)の2019年春夏コレクションが、イタリアミラノで発表された

マルセロブロン カウンティオブミラン 2019年春夏コレクション - “未知と既知”との遭遇|写真1

『未知との遭遇』とコラボレーション

ミラーのようなランウェイに、目を覆いたくなるぐらい眩しく輝く三角のトンネルが現れるそこから登場するモデルたちは、この無機的かつ近未来的な会場の中で、ネオンカラーを纏って闊歩していく今季は、スティーヴンスピルバーグ監督の『未知との遭遇』がコンセプトだ

マルセロブロン カウンティオブミラン 2019年春夏コレクション - “未知と既知”との遭遇|写真11

色だけで“未知数”がどんどんとアップしていくそんな気さえした今回のコレクションでは、アノラックパーカーの差し色に、ストライプシャツに、ハイカットスニーカーにと、ネオンカラーが多用されている

フューチャリスティックなムードを創り出していたのは、こうしたカラーパレットだけではなく、おそらくプリント、ロゴの配置、シルエットなども一役買っているウブロ コピーしかし、意外にもベースとなるワードローブ自体は実用性に長けた、私たちになじみ深いものが多いもっと言えば、ブランドが得意とするストリート感は、一切方向転換しているわけではないのだウブロ アエロバン コピー

マルセロブロン カウンティオブミラン 2019年春夏コレクション - “未知と既知”との遭遇|写真21

ブリーチデニムはネオンカラーに染めて、ひざの部分のみ黒いテープのようなものでダブルニーのようなデザインへネオンピンクを指し色にしたスポーツパーカーはタイピングプリントを配したシャツ、さらにはチノパンをあわせたウィメンズではクロップド丈のシャツにTシャツ、あわせたワークパンツは宇宙っぽく見せるため、ポケットには止水ジッパーを採用それが水にも強いという実用性にも繋がっている

マルセロブロン カウンティオブミラン 2019年春夏コレクション - “未知と既知”との遭遇|写真53

ランウェイの最後には映画のワンシーンを想わせるプリントが登場し、コンセプトを今一度強調したポンチョ型のアウターには映画名までしっかりと記されているマルセロブロンが見せた『未知との遭遇』のなかには、未知だけじゃない、“ストリート”をはじめとする私たちが知ってるものが最後までベースにあった

Recommended Posts

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON) スーパーコピー半袖サインCrewneckをリリース – 永遠のスタイルと洗練されたデザインの融合

ルイヴィトン 偽物が、ファッション界に新たな息吹をもたらす最新作「半袖サインCrewneck」を世に送り出した。この半袖クルーネックは、季節を問わず着用できる永遠のアイテムとしてデザインされ、スタイリッシュなディテールが […]

greatkopi