フィリッププレイン

【フィリッププレイン】圧巻の美しさ!ミクロの世界をテクスチャーで表現-ソマルタ(SOMARTA)、2011年春夏コレクション

greatkopi 

フィリッププレイン

圧巻の美しさ!ミクロの世界をテクスチャーで表現-ソマルタ(SOMARTA)、2011年春夏コレクション

2010年10月22日、ソマルタ(SOMARTA)が、2011年S/Sコレクションを発表したフィリッププレイン 長袖 コピー

テーマは「MICROCOSMOGRAPHIA」
走査電子顕微鏡で見たミクロ世界の写真集がインスピレーション源今シーズンのテーマをイメージさせる、科学的なモチーフが万華鏡の様にスクリーンへと投影される幻想的な雰囲気の中、デザイナー廣川玉枝氏の素材に対する強烈なこだわりを感じる素晴らしいコレクションが展開された

カラーは、近未来や深海を連想させる深いブルーやネイビー、パープルを基調とし、びっしりと縫いつけられたパールホワイトのスパンコールやシルバーのパーツが光を添えた

圧巻の美しさ!ミクロの世界をテクスチャーで表現-ソマルタ(SOMARTA)、2011年春夏コレクション 圧巻の美しさ!ミクロの世界をテクスチャーで表現-ソマルタ(SOMARTA)、2011年春夏コレクション

また、レディガガの専属シューズデザイナーとして注目を集める若手デザイナー、館鼻則孝(Noritaka Tatehana)氏とのコラボレーションである特徴的なフォルムのシューズも、ミステリアスなショーの雰囲気をより一層盛り上げた

「生地作りが同時に服作りとなる」という言葉からも読み取れる様に、マテリアルへの強いこだわりを持つ廣川氏今回のコレクションでは、JAPAN CREATIONで出会ったという日本の職人のプリント技術を多用特定のグラフィックをプリントする為でなく、テクスチャーを表現する為にプリントを使用したのはブランド初の試みだ

和紙や箔を三層に重ね、その上にプリントを溶かし込んで生地に凹凸を生むというプリント技術は日本だけが持つもので、ショーの中で非常に印象的であった、見る角度によって様々な表情を見せる微妙なニュアンスを持つホワイトのドレスもこの技術を用いた「日本だけが持つ繊細な技術を、世界へ発信していきたい」と廣川氏は語るフィリッププレイン ボトムス コピー

廣川氏の描き出す、美しく妖しい「MICROCOSMOGRAPHIA」のドラマティックな世界その中へ会場全体が迷い込んでしまった様な、圧巻のショーとなった

Recommended Posts

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON) スーパーコピー半袖サインCrewneckをリリース – 永遠のスタイルと洗練されたデザインの融合

ルイヴィトン 偽物が、ファッション界に新たな息吹をもたらす最新作「半袖サインCrewneck」を世に送り出した。この半袖クルーネックは、季節を問わず着用できる永遠のアイテムとしてデザインされ、スタイリッシュなディテールが […]

greatkopi