【ブランド】リック・オウエンス 2013-14年秋冬メンズコレクション – 構築的なデザインが放つ存在感

greatkopi 

リックオウエンス(Rick Owens)2013−14年秋冬コレクションは、「PLINTH(台座)」をテーマに、モノトーンカラーやベージュといったシックな色味で統一された

 

コレクションの核をなしているのは、ビッグボリュームのアウターとシューズに、タイトなパンツを合わせたスタイルアウターは一切の華美な装飾を排し、構築的なシルエットを強調直線的なステッチやカッティング、切り換え、立体的な衿など、建築的な要素が落とし込まれたデザインとなっている

主張するアウターと同様、足元でも存在感を示すのが、今季のリックオウエンスポニースキンなどの特徴的な素材で作られるブーツは、ベルト、そして深い凹凸のソールが、会場に圧倒的なインパクトを残す細身のパンツをインすれば、その姿はまさに柱の「台座」建築的な要素と、大地という自然の、安定的なつながりに意味を見出したというデザイナーによる、会心の力作だ

 

ショーを通して見られたミンクのグローブをはじめ、毛皮が多く使用されたことは、ブランドの新たな試みしかしラグジュアリー一辺倒の毛皮使いではなく、エッジィで、時にどこか反抗的なムードをまとうエアリーなヘアスタイルとも相まって、繊細でありながらもたくましい、独自の男性像が表現された

Recommended Posts

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON) スーパーコピー半袖サインCrewneckをリリース – 永遠のスタイルと洗練されたデザインの融合

ルイヴィトン 偽物が、ファッション界に新たな息吹をもたらす最新作「半袖サインCrewneck」を世に送り出した。この半袖クルーネックは、季節を問わず着用できる永遠のアイテムとしてデザインされ、スタイリッシュなディテールが […]

greatkopi